01
2
4
5
6
7
8
9
10
13
14
15
18
19
21
22
24
26
27
28
   

平らな道なんてないよね

去年の秋頃からみぞおちの横が時々痛んで・・・
チョット気になっていたものの・・・・
忙しさと・・・そのうちに治るだろうと・・・病院にも行かなかった

それが・・・今朝の大雪を見て・・・
こんな日なら病院も空いているかも・・と、安易な動機で・・・

結果、不要なものを発見

さてさて・・・・これからどうなる事か・・・・

一週間後にお尻からカメラを入れるそうで・・・・ポリープが見つかれば、そのまま取っちゃうとか・・・

取れない大きさだと・・・切腹かな?

盲腸、帝王切開三回、胆嚢摘出に一回・・・・

いまさら、一回増えても驚かないぞ・・・・

チョコの試食

今日・・・って日が変わったから昨日になりますが・・・

次女がチョコレート作りを始めて・・・

その試食をさせられて・・・

甘いのなんのって・・・・・

今からバレンタインデーの為に、友チョコの準備なのか?

父親や弟の為なのか?

ナンデモイイケド・・・・

しばらくは甘い日々が続きそうです。

これこそ怒涛の半日

と、叫びたいようなことがありました。

昨日のことです。

朝、起きたら大雪でした。

その大雪の中、ゴミを出して家に戻ると・・・

廊下の奥で長女がドタバタしているので、目を凝らして見ると・・・

転倒している爺さんを起こして車椅子に乗せていた・・・

「大丈夫だった?」と、声を掛けると、息を切らした長女が

「やっと起こしてあげた」と・・・

146cmで50kgもない長女が、いくらやせ細っているとはいえ165cmの大の男の

転倒を助けるのは難儀です。

ところが・・・その後、お弁当を作ろうと・・・台所に居ると、

またドタッと音がして・・・爺さん、二度目の転倒・・・

やっとのことで起こして、トイレの便器に座らせる・・・

その数分後に・・・また、ドタッと音がした・・・

今度は大きいぞ・・・

作っていたお弁当も放り出して見に行くと・・・洗面所の壁に頭を打って、

血だらけになって転倒していた・・・

後頭部を見ると、パカッと割れている・・・10cmくらい・・・

左腕を、去年の暮れに二度目の骨折をしているので、

無理に起こす事も出来ないし・・・第一、頭を打っているのを動かせないので・・・

夫が119番した・・・

なんと・・・今日の当番病院は済生会病院(家から遠いです)

何も知らない息子は救急車だと大喜びしてますが・・・・

救急車がくるまでの10分間で、息子の学校の支度と着替えの用意、

後のことは長女に頼んで、

夫は救急車が入れるように寺の前の除雪・・・

私は爺さんと一緒に救急車に乗り込んだ・・・

今は縫うのではなくて・・・頭なんでホチキスで止めるのですよ。

脳は検査したけど、異常無しでした。

入院かと・・・かすかな期待もあったのですが・・・

かかりつけの総合病院への紹介状を書いてくれて、

「明日は市民病院の脳外科で消毒してもらってください」と・・・

そうです。「帰れ」って事です。

救急車に乗り込んだので、帰りの足はありません。

夫に電話するものの・・・・除雪しているのか?電話に出ません。

しかも、爺さんはパジャマのままです。靴もありません。

売店でスリッパと靴下は売ってましたが・・・上着もコートもありません。

私のコートを着せたのですが・・・

私は家を出る時に、コートを着れば暖かいと・・・薄着のままでした。

外は吹雪です。寒いのなんのって・・・(涙

タクシーは入り口近くまで来てくれましたが・・・

爺さんを車椅子に乗せて(看護婦さんも手伝ってくれた)、タクシーに乗せて・・

すごい渋滞で・・・タクシー代は五千円もかかるし・・・(涙

寺に着いて、爺さんに長靴に履き替えさせて・・・徒歩で玄関まで・・・

なにせ・・・車椅子が有っても、バリヤフリーの入り口は雪で通れません。

たった四段の階段を上るのは大変なんです。よれよりも・・タクシーから降りるのも大変

夫と運転者さんで抱きかかえて家の中まで・・・・

で・・・運転手さんにチップも渡して・・・

室内の車椅子に乗せて、やっとベットに寝かせようとしたら・・・

「トイレに行きたい」と・・・

「朝ごはん食べてないから腹が空いた」とも・・・

年寄りは待つことを知らないというか・・・自分の事しか言わない・・・

私だって、お腹空いてるわよ。何も食べないのは同じでしょう。

お爺さん、まじ・・・ディサービスとかヘルパーさん頼むとか・・・

嫌だって言わずに私の言う事も聞いてよ!!


ちなみに救急車を呼ぶ時は、本人の履物と上着を忘れずに・・・
いい教訓でした。


 勘弁して欲しいわ。老人ホームにでも入れたいわ

つぃつたあああーー

流行に乗り遅れないようにと・・・

ツィッターなんか始めてますが・・・

いまひとつ乗り切れません

あれもこれもと手を広げすぎているからかも・・・

でも、せっかくだから

誰か絡んでみてください

@mamaco19です。

フォローしてくれると喜びます。

今日のランチ



おにぎりと味噌汁とぶり大根

娘達が作りました。
アッ!ぶり大根は私が作りました。
富山の寒ぶりのアラが格安でした。

まいう~~

雪の中から愚痴

1660034523_117.jpg

1660034523_168.jpg

1660034523_1小



今年はなかなか雪かきに熱が入らず・・・夫任せでした。

しかし、雪かき命の夫も坐骨神経痛で以前のように、一日に四回五回の雪かきもままならず・・・

それでも、朝と昼と夕方にはしてくれてますが・・・・最低限・・・我が家の車二台プラス来客二台分ほど・・・

今朝は私もスコップを持ったものの・・・・
体が思うように動きません。私も道産子だい!!雪かきなんて三歳の頃からやっているわい・・・

と・・・意気込みだけ・・・

やっとオデッセイの周りの雪を掻いただけ・・・
下手して車体に傷つけたら大変ですし・・・(笑)

そんなわけで・・・早々に切り上げて(夫を雪の中に残して)

一人でコーヒ落として・・・娘達のクッキーをちょろまかして・・・・

のんびりしていたら・・・

奥では・・・舅が着替えを手伝えと・・・大声で呼ぶし・・・・
左手の骨折で着替えが一人で出来ないのですが・・・・

二度も同じところを一ヶ月も空けずに骨折したのは、自分の責任でしょう。
「どこに行ってた!!着替えが出来ん」と・・・私に怒鳴ってもねぇ・・・

だから、ヘルパーさん呼んで・・・
夕方の一時間で着替えとか体拭きとか・・・ベットメイキングとか・・
十分にお世話してもらえるのに・・・・
なんで・・・ヘルパーさんが嫌なのかね?
ヘルパーさんの方がプロだから、私より丁寧にお世話してくれるはずなのに・・
ディサービスだって一日で解約しちゃうし・・・

コーヒもゆっくり飲ませてもらえないのか・・・と、イライラもしますが・・・


なぜか・・・外の雪を見たら落ち着いた・・・

雪は大変だけど・・・・

実に綺麗なんだもの・・・・

遠い実家の冬を思い出しました。

さて・・・気を入れ替えて・・・いい一日を・・・


つたく~~( ̄^ ̄)



娘です

ちがうだろー


私には二人の娘がいます(その他、息子一人)

土日の夜は娘たちが台所の片づけをしてくれます。

男の子しかいないお母様方達にはかなり羨ましい話でしょう?

昨日の土曜日は次女がお当番でして・・・・

深夜に台所をチェックに台所に行くと・・・

テーブルも食器もシンクもピカピカになっていて、

残飯捨てる三角コーナは漂白もしてあった・・・

その点、

長女の時は、結構といい加減というか・・・・アバウトというか・・・

洗い残しや野菜のくずがシンクに残っている事も度々なんで・・・

長女に「みぃちゃんが洗った後は、すごく綺麗になっていたよ」というと・・・

私の期待した返事は→「私も今度から綺麗にします」でしたが・・・

長女の返事は

「今度から、ずっーとみぃちゃんにやってもらおうよ」だって・・・・

おいおい・・・・ちがうだろー!!


横で聞いていた夫・・・

「さすが・・・・あーちゃん」

差し入れ






今日はPおばあちゃんの七回忌でした。
九十いくつかで亡くなった方です。
生涯独身だったので仏事の施主さんは甥子さんです・・・
その甥子さんの娘さんご夫婦がお洒落な店構えの焼鳥店をやっていてね。
法事後の会食はそちらで・・・
夫を迎えに来られた甥子さんの手には焼き鳥のオードブルが・・・・♪
「ご家族の分です」と・・・・

夕食の支度に悩んでいたのでなお更に嬉しいです。

ささみのたたきの昆布〆が最高に美味しかったです。

お店は南富山の踏み切りをもっと南側・・・
バライテイショップのオレンジのもっと南にある・・・

「蔵人」です。


ありがとうございます

至福のとき


今日から三学期

誰もいません

静かだな~~

十年後に届いた手紙

十年前、長女が幼稚園卒業の時に、

「10年後の娘へ」の手紙を書きました。

その手紙が幼稚園から届きました。

moblog_810efdf4_20110103230042.jpg


moblog_cd6f3f4f_20110103230137.jpg

長女の作文も入ってました。
大きくなったらケーキ屋さんになって、たくさんの人に美味しいケーキを食べてもらいたいと書いてました。

長女は確かにお菓子を作るのが好きです。
今の夢は看護婦さんらしいけど・・・・

私自身、手紙を読んで・・・当時の気持ちがよみがえってきて・・・ほんわかしました。

結構と優しいママしていたんだ・・・・(爆

長女の作った年賀状を一枚拝借しました。
マウスで書いたそうで・・・・


天使ちゃん


正月早々というか・・・・大晦日から・・・・連日、枕経です。

檀家さんの方もですが・・・私の実家でもお葬式があり・・・
と言っても・・・・私の両親ではなく、私の弟の連れ合いの母親なんで・・・
わたくしは喪に服してないので・・・・・

小声ですが・・・・言います。

謹賀新年。

皆様にとって、今年も良い年でありますように・・・・

心よりお祈りいたしてます。

20110102091658ab7_20110102172134.jpg

最近のコメント

プロフィール

bunmamaco

Author:bunmamaco
在家からお坊さんのお嫁さんになって20年。
まだまだ未熟な寺嫁の奮闘記(*^。^*)

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索