09
1
2
3
4
6
7
9
10
11
12
15
17
18
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
   

うひっ

DSC_0972mini.jpg


先日、購入したバイオさま・・・
以前のお古のFMVと違い、フリーズもしないし・・・サクサクと飛んで快調なんですが・・・

キーの位置が微妙に寄っていて(以前のは計算機キーがついてなかったので広々)
つい隣のキーを叩いてしまうのよ。

事務処理をまだ以前のでやっているので、指がまだ慣れてない・・・

早く、データを移さないと。

ところが・・・・五年前に購入した複合機がインストール出来なくて(拒否される)・・・
五年前はwin7はないので仕方ありません。

昨日、新しく購入しょうかと・・・買い物のついでにジョーシンに寄ってみた。
そこでジョーシンのお兄さんに複合機の価格交渉に入る前に、チョット愚痴ったところ・・・・
「お客様、エプソンのHPからwin7対応データをダウンロードしてくれますよ」と、教えてくれて・・・

結局、購入しなくても済みました。

すみません。PCはヤマダで買ったのに・・・

ジョーシンのお兄さん、ありがとう。

帰宅してから、さっそくエプソンのHPを開き、対応機種を検索して、
簡単に・・・ものの10分もかからずにダウンロード、解凍、インストールできました。ありがたや・・・ありがたや・・・

この次は、ジョーシン様から購入しますよ。

食器棚

生理整頓が苦手なんでお恥ずかしいのですが・・・

我が家の食器棚です。

本当はパイン材のカントリー調の食器棚にあこがれてますが・・・

なにせ・・・台所に作りつけの戸棚があるので・・・・

収納力ががあるので、ついつい乱雑になっちゃいます(反省

この戸棚の他に、本堂に通じる廊下に合板の安物の食器棚が二つあり、

そちらには檀家さん用の湯飲みやコップ、小皿など収納してます。

今、

この写真の食器類を半分に減らす事を目標にしてます。

どれも必要なんですよねぇ・・・・

でも、何年も使ってないものは処分した方がいいかな・・・

写真に写ってませんが、この戸棚に天袋があり、そっちにも沢山の食器が入っていて・・・

私も何が入っているのか把握してません。

DSC_0966.jpg


DSC_0964.jpg


DSC_0965.jpg

北海道に・・・

北海道の父に癌が見つかったのは今春です。
食欲が無く、体重もみるみる減ったのですよ。
検査を渋るのを母と義妹が説得して連れて行きました。
そこでリパン癌が見つかり、抗がん剤と放射線の治療が始まりました。
富山の舅が食道がんになった時(二年前)、毎週のように放射線をかけたのですが・・・
リンパ癌の放射線治療は、放射能の量が多いのと、父の体力も考慮すると二週間か三週間に一度のペースが良いとの事で・・・
その治療の最中に胃癌も見つかり手術する事に・・・リンパから移転したのか・・
それとも最初にあった胃癌からリンパに転移していたのか?今となってはわからないそうです。

病院も・・・私や弟達は網走厚生連か北見の日赤か国立病院をすすめたのに・・・

父は地元の知床斜里町の・・・○○病院がいいと・・・
正直・・・・そんな名医ではないと・・・・聞いていたので・・・必死で止めたのですが・・・・本人がここがいいって言ったので・・・
最初に診てくれた内科医が良かったからでしょう。信頼できる方だと・・・

しかし、手術は外科医なのに・・
八月に八時間近い大手術になりました(胃を全部析出)。
通常は二週間くらいで重湯くらい食べれるのに・・・父は水も飲めない状態でした。
胃が繋がっているの? 変な話・・・そう思いました。
手術の患部が腫れていて、胃が繋がってなかったのです。
チューブを入れて、空気を通して、やっと繋がったのが今月に入ってからです。
ずっーと点滴でしか栄養を取ってないので75kの体重が53kになったと・・・

ヤブ医者じゃないのか?なんて・・思ったけど、それを言うのは母や弟達を責める事になるのでやめました。

地元の病院なんで、看護婦さんやお風呂などの介助して下さる方が、私の同級生だったり、近所の方だったり・・・知り合いばかりなんで、母はとても心強いようです。

モチロン、私は北海道に行ってやりたい・・・って気持ちがありましたが・・
普段、人に任せるのが嫌いで何もかも抱えてきたのがあだとなり・・・
行くことがムリだとあきらめていましたが・・・
最初は1人で一泊だけでも行こうと調べると10万で十分にいけると・・・パック旅行のパンフを検討していたら・・・
『留守中に、ぶんちゃんに何かあったら、どうする?』と、旦那


『じゃあ・・・ぶんやも連れて・・・俺も行く』と、 切り替えが早い!!

エッ・・・ぶんやも旦那も・・・

私は一日中、父の病室に居ようと思っているのに・・・

旦那は息子とレンタカー等で知床や網走の観光をするから・・と、言うし・・
それならいいか・・・
ということで三人で行く事に・・・

ぶんやが病気があるので、いつ便を変更するかわからないので、
パック旅行はあきらめて・・・正規の旅費(早割とか乗り継ぎ割り引き、息子の障害者割引等を使い)で行く事にしました。
富山から羽田、羽田から女満別です。
女満別からはレンタカーを借りて知床斜里まで・・・
実家の母に布団や食事などの負担をかけたくないので、駅前に出来たホテルを連泊で予約しました。
もっとも、食事は実家で弟夫婦も一緒にすると思います(弟が二人居ます)。

ホテル代とレンタカー費用も入れて30万強でした。

それに・・おこづかいとお土産代・・・

旦那さんよ、ありがとうです。

二泊三日ですが・・・・久しぶりに北海道の実家の家族や同級生にも会えそうです。






ついでに・・・

以前、ケアマネさんが

「今、困っていることはありませんか?」と、義父に聞いた事があった

その時、

「困っている事はひとつも無い。しいていえば・・・1人で給油(自室のファンヒータ)が出来ない程度だ」と・・・

するとケアマネさんは

「じゃあ、給油は息子さんのお嫁さんがしてくれているのですね?。その事に感謝してますか?」と、言った

義父は

「私は手が不自由だから、したくても出来ないのに、あんたはそんな事を言うのか?」と、怒り出したのです。

質問の答えになってません。都合が悪くなると矛先を変えて怒り出すのはいつもの事です。

ケアマネさんは、変わらぬ笑顔で・・・

「他人さんは、あなたの為に給油なんかしてくれませんよ。家族だから協力して下さっているのですよ。

そのことに対して、感謝の言葉は必要です。嫁なんだから当然だと言うお考えでは、今後家族の協力は得られない

と思いますよ。僧侶の方に説教みたいな事を申し上げて申し訳ありません」と、

優しい口調でおっしゃったのです。

ウンウン・・・ケアマネさんが僧侶になったらいいわ・・・と、思った私です。

何の苦労もせずに・・・なった・・・世襲の僧侶は・・・了見が狭いです。

全てがそうだとは言いませんよ。

世襲で継承した僧侶の大半は素晴らしい方達だと思ってますよ。

でも・・・そうじゃない人もいると・・・


どの世界でも言えるのでしょうが・・・・


私、


自分を殺してまで・・・いい嫁をやっていくのか?

それとも・・

嫌われてもいいから・・・自分にストレスの掛からない嫁でいるのか?

今、

悩んでます

基本は「ありがとう」

カテゴリーを増やしました。
「プチ介護愚痴」に・・・

介護しているとは言えない程度のお手伝いをしているので・・・プチ介護で・・。

「ありがとう」を言わないのです。

その言葉を期待して行動しているわけではありませんが・・・

気持ちの問題も絡んできますね。

自分は障害を持っているのだから、周りの健常者は助けないといけない・・・

そんな気持ちが強いらしくて・・・

何かを頼むのは命令調でして・・・

そのやり方も、自分の思う事と少しでも違っていたら文句言ったりする・・・

その前に「ありがとう」って言葉は当然、聞けない・・・

そして・・・その言い方が・・・・メチャメチャ腹が立つ・・・

栄養剤を飲んでいるのですが・・・

それはレトルトパックに入っている液状のもの(見た目はヤクルトそっくり)

それを、冷蔵庫から出せと命令して・・・

口を斜めに挟みで切れと・・・・

その切り口が、本人の思うより少し大きかった事のですわ。

「大きく切ったら、コップに注ぐ時に零れるんだ」と・・・


ワザワザ・・・・こぼして・・・周りを汚してみせたのです。

いえ・・・ちゃんと注げば・・・・零れません!!

あんたのやり方が悪いだけじゃん・・・・

なんで・・・わざわざ・・・こぼして、テーブルや床を汚さないとならないのか?

理解不能です

リハビリだと思って、これからは自分の事は自分でやって欲しい・・・


切に願います。ほんまに・・・


懐かしの、ノエル




私が三十代の頃
その前から・・・18歳の時に田舎から札幌に出て・・・
初めてルイヴットンを見たとき、ブランド物とは知らずに一目ぼれ
価格を見てビックリ・・・
0がひとつ多いぞ・・・・って・・・

当時のパピヨン(筒型のハンドバックで小さな筒型のポーチもついていた)が欲しくて

欲しくて・・・

そんな時に、伯母のお古のバケツ型をもらい、嬉しくて何年も持ち歩いていた・・・

社会人になって、初めて買ったのが財布でしたが・・・

高価なんで・・・その後は、ヴットンとは無縁でした・・・

30代に入って流行ったのが巾着型ショルダーバック「ノエ」です。

この写真のものです。ボーナスで奮発して買ったのですが・・・

その後・・・またまた・・ヴットンとは疎遠になりました。

手作り店で働いていたので、バックなどは手作りの布製と合成皮革製ばかり・・・

ノエの他、何個かのバックや財布は実家の母の元に置いてまして・・・

母はボストンタイプのは旅行とかに使っていたみたい・・・

この「ノエ」を大切に保管していてくれて・・・

娘達にどうかと・・・・とうもろこしと一緒に送ってくれた。

娘達は全く興味が無くて・・・

20年近くぶりで見た「ノエ」がいやに新鮮で・・・・

チョット・・・持ってみたら・・・・

ウンウン・・・今でも・・・いけるじゃん・・・

保存状態も悪くなかったし・・・(乾燥した北海道の実家が良かったのかな)

しばらくはお買い物のお供になりそう・・・・

懐かしい石鹸





今年の夏はひどいあせもに悩まされた、
市販の薬も効かなくなり、皮膚科を受診しました。

そこの院長お勧めの石鹸が、懐かしい牛のマークの青い箱の方でした。
赤い方は刺激が強いからダメなんだって!!
高い石鹸を勧められるかと、ドキドキしたけど....
安心しました。

近況




お盆が終わって一息ついたと思ったら・・・


はや・・・九月です。

九月もお寺って忙しいのよねえ~

お彼岸がありますから・・・ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

宗派、地域によって多少の差はあるのでしょうが・・・
うちの寺は彼岸の檀家さん宅のお参りはありません。
お彼岸中日にお寺で法要会を行うので、檀家さん方にお集まり願ってます。

今回、八月に住職交代したので、檀家さんへの彼岸案内を今回は封書にしました。

いつもは葉書なんですがね・・・。

住職が代わったご報告とチョットした豆知識などを載せようと思うと、
葉書には書ききれなかったので・・・

新住職の夫はお彼岸も関係なく月参りがあり、それなりに忙しく廻ってます。

当然、寺での事務仕事とか雑用は寺庭婦人の私の受け持ちっ事になります。

最近、目一杯一杯一杯でして・・・・チョットだかり疲れも出て・・・

16日の大きなめまいに次・・・
今朝もチョイ大きなめまいがして・・・

ゴミは夫に捨てに行ったもらい・・・
長女のお弁当は無し・・・
朝食はたまたま運動会の振替で休校の次女が作ってくれた。
息子の送迎も夫に頼み・・・

私は10時頃まで休んでいた・・・・

めまいが治まったと思ったので、耳鼻科に行くと・・・

『まだ。めまいが残ってますよ』と、言われて・・・

注射を打ってもらい・・・・やっと・・・いつもの状態に戻った・・・

具合が悪くても仕事は待ってくれませんね。

今夜も事務仕事が待っている・・・・

最近のコメント

プロフィール

bunmamaco

Author:bunmamaco
在家からお坊さんのお嫁さんになって20年。
まだまだ未熟な寺嫁の奮闘記(*^。^*)

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索