11
1
5
6
8
9
10
12
13
15
17
18
19
20
21
23
28
   

ぶんた君です

moblog_ba24462f_20111201080104.jpg

目も治って可愛くなりました。

富山に帰宅しました

一昨日の日曜日に同居している弟1から、「せっかく帰ってきたのに、満足に顔も見てないから、昼ごはん一緒に食べよう」と、言ってくれて・・・
丁度、隣町に住む弟2夫婦も来ると・・・
病室に母と私と弟達夫婦の計六人が父のベットを囲んだ・・・
父は睡眠剤が効きすぎて、この日は半分は眠ってました。
目を覚ました時に、ベットの周りにみんなが居て、顔を覗き込んでるので、
目を白黒させてビックリしていた・・・
『父さん、勘違いしないでよ。臨終じゃないから』『兄弟でご飯食べに行くのに集まっただけだから』『美味しいもの食べてくるからね』と耳元でいうと・・・
優しい目をしていた・・・
父は子供達が食べる姿を見るのが好きなんです。
子供の頃、貧乏はしていたけど、父はよく料理を作って食べさせてくれた。
母が入院してた時、大きな鍋に焼うどんを作り、兄弟三人、鍋を囲んで直接食べたことがあった・・・
「美味しいか?美味しいだろう?」と・・・
そんな事を思い出した・・・
母も買い物の帰りに、よく食堂に連れて行ってくれてラーメンを食べさせてくれた。
その時に、必ず他の兄弟には言うなと口止めされる(笑

でも、末の弟は、母と帰ってくるなり、「僕、ラーメン食べてないから」って言ってバレバレだった・・・

父と母が作った暖かい家庭が、病室の中であっても存在した・・・

父の子供達の私たちも又・・・
それぞれに暖かい家庭を築いている・・・

出来る事なら・・・父にいつまでも付き添っていてあげたいけど・・・
ごめんね。子供達の負担を考えると・・・
私が父を慕うように、子供達も私を慕っているので・・・

その夜は実家(弟1の住まいの方)で軽く飲んだ・・・
弟1が刺身を作ってくれて、父の事を話して・・・
そしてお互いのメアド交換・・・電話番号は知っていたけど、メールはすることなかったし・・・
初の赤外線通信・・・何度も失敗して・・・・なんとかOK(笑)

そして・・・昨日・・・

時間ぎりぎりまで病室に居た。
前日と違って、体調は少し良いようで・・・
お医者さんにも、「良くなっている要素がたくさんあるよ。でも、油断はできないから」と、廊下でコッソリと告げられた
又、「非科学的な事は信じたくないけど、娘さんの顔を見て良くなったのは確かです。いや・・・・娘さん、帰っちゃうの?僕、ショックだな・・・」と、笑顔でおっしゃった・・・多分、私と同じくらいの年です。

父が、痩せてしまったので腕時計が腕数珠のようにユルユルになっている。
その時計をゆっくりと見て、「時間大丈夫か?」と心配してくれた

「うん、もう行くね。来月はこれないけど、一月は絶対に来るから。だから待っていてね。元気になるんだよ。勝手に遠くに行ったら許さないからね」と、ハグして病室を出ました。
玄関まで見送ってくれた母。
ポケットから一万円を出して握らせてくれた。

「お土産、買ってないから、子供達に何か買ってあげて・・・・」

『遊びに来たわけじゃないから、いいよ』と、一万円を返すと、

「いいから」と、無理やり渡された・・・

年金暮らしで・・・父の入院費も掛かるのに・・・母は言い出したら聞きません。

ありがとう。

娘達はお菓子とか買っても喜ばないから・・・このまま渡すよ。


続く・・・

付き添い三晩目

三日目で体力の限界を感じた根性無しの私です。
熱は下がったものの…2つの癌を持ってる父なんで、お腹の痛みを訴える。
抗がん剤治療により首のリンパ腫が小さくなった(12日に受けた)のを経験し、その部分的には楽になったので、次の治療を心待ちにしている様子。
抗がん剤=免疫力低下→些細な菌から肺炎発症。
そして、現在肺炎の真っ最中…
その段階で次の抗がん剤治療が始めれる訳がないのに、だだっ子のように、治療をせがむ。
肺炎が完治したら治療を再開するからと、何度も説明してるのに…
一時間後には、いつ治療するのかな…先生に聞いて欲しいと言う。
又、点滴の機械が不調なのか?夜中に何度もピオビオと鳴るので、その度に父も私も目が覚める。しかも、看護婦さん不足なんで、直ぐには来ません…。
この状況を母にさせるのは大変かもしれない……むしろ、耳が遠いから大丈夫かな?
一応、完全看護なんで、父の容態が良くなれば、夜中の付き添いは不要です。
28日の便で一旦富山に帰ります。
女満別空港→羽田空港→富山
羽田空港で四時間も待ち時間あります。せっかくだから池上本門寺に寄り、お参りしてきます。
と、一人で決めてますが…

お医者さんに、娘さんの考えを聞かせて欲しいと言われた。

父の治療を望む一方…
もしも、完治不可能なら、苦しめないでほしい。
管に繋がれたまま、辛いまま、逝かせるのは、可哀想。
母や弟達の考えは知らないから、これはわたし個人のかんがえです。
老人って…医療費が無料なのは富山だけなのかな?
癌だけは別なのかな?
以前、癌で亡くなられた知人が、生前に言われた
ガン保険だけは、必ず入って
治療費用がかなりかかるから……と、

9ヶ月に及ぶ父の入院代
この町は裕福ではないのて、請求も10日おきです。
病院の明細を見て、けして高くは無いと、思ったら…10日分と分かり、
えっー!!それなら大変。
母にお金の事を聞いたら、蓄えが多少あるから大丈夫だよ。
って…
うーん…心配だわ、

と、介護しながら…休み休みスマートフォンで日記を書いていたら、朝になりました、

二晩目の付き添い

昨日も医者からの所見等の説明を聞いた…
熱が下がったといって肺炎が回復してる訳ではない。投薬のおかげてある。父も自覚してもらうためにも本当の事を話した。
父は何度も体温計を出しては計ってます。
体温計が無いと、あちこち探し始める…必ずのように、父の脇に挟まってる、
母にもう帰れないのか?と、聞いたりしていた。
いくつになっても死を考えたら怖いよね。

来年春には姪が赤ちゃんを、産む予定です。
父にとっては初のひ孫です。
特に内孫が、出産するのだから、喜びもひとしおです。
本来なら長女の私が真っ先に孫、ひ孫を見せてあげるはずでしたが、子供を生んだのが最後だから仕方ないです。

長い入院生活で、ベッド周りは工夫だらけです。
ナースコールはガムテープで、ベッドの柵に固定してたり、ゴミ箱に紐をつけてSカンで引っ掛けてあったりら、ティッシュペーパーは二箱をガムテープで、重ねてましたわ…???なんでと、聞いたら、一箱だと、ベッドの柵から落ちるそうで、落ちないようにしたそうです。

子供の頃は勉強机を手作りしてくれた、勉強机の周りには使いやすいように工夫だらけ…
友達の流行りの勉強机が羨ましくて、店で売ってる机が欲しいと困らせてました。
父は本職は大工さんですから…

長い夜を付き添っていると、いろんな事を思い出した。

もう朝です。

今夜も付き添い



付き添いの友

狭い寝床です。

三再び北海道に・・・

日付が変わったので本日・・・24日の朝の便で羽田経由で女満別空港まで・・・
そして実家に行きます。

昨日、23日はレディース日で映画が千円でした。
前々から公開されたら観ようと思っていた、レイルウェイズを観てきました。
全国公開は12/3ですが・・・富山は先行上映されてます。
主演は三浦友和と余貴美子・・・

でね・・・映画を観ていたら・・・携帯電話がブルブルと鳴りました。
慌てて・・館外に出て確認したら

実家の母からでした。

実は・・父が胃癌の手術も落ち着いたので、
途中だったリンパ腫のコバルト治療を15日に四時間かけておこないました。
その後遺症で、対抗力がなくなり肺炎にかかってました・・・
熱は38度前後だったので、「大丈夫」と言われてましたが・・・

肺炎になったら覚悟して欲しいと言われていたようです。

今朝、45度になったとか・・・・人間じゃないよ。45度もあったら生きていけないよ。
父のリンパ腫はお腹にまで広がっていたそうです。
「父さん、もうダメかもしれない」「医者は大丈夫だって言ってる」
母の説明は要領を得ません。

一旦・・・電話を切り・・・夫にだけメールした・・・

「父さんの生命力にかけるしかない。祈るしかできない。今は何も考えたくないから映画に没頭する。映画が終わったら電話するから・・・」

こんな時に映画どころじゃないけど・・・

映画が終わってから弟のお嫁さんに電話した・・・・やはり芳しくないみたい・・

一時間後に又お嫁さんから電話があり、熱が下がったとの事・・・

下がったといっても38度くらい・・・

車の中で大きな声でお経を読みながら帰った・・・

帰ると夫が部屋で呼ぶので行くと・・・


手には飛行機のチケット・・・

「明日の一番に行って来い。帰りの分は買ってないぞ。気の済むまで行ってろ」って・・・

気の済むまでと言われても・・・危篤じゃないのに・・・

今月末にはイロイロと予定があるし・・・
ぶんやの事もあるし・・・・次女の進路相談もあるし・・・

でも・・・本当に? 先月、二回も北海道に行ったのに・・・

又、行ってもいいの・・・?

せっかくだから行くね。

母に電話したら、「抵抗力が無いから、外部の人間は面会できないから、
きたら困る」って・・・・冷たいことを言うのですわ。

遭えなくても、ドアの外に私がいると知ったら、父は元気になるかもしれないし・・・

明日になったら、少しでも良くなって会えるかもしれないし・・・

だから・・・・行きます。実家に・・・・

子供達には寂しい思いをさせるし、不自由かけるけど・・・・

簡単にビールのアテ

絶対に美味しいから試してみて。キャベツを一口大に切って、醤油、胡椒、ごま油、味の素、にんにくおろしをかけて、マゼマゼするだけ。今日はトマト角切りも加えました。ビールのアテにもご飯の共にも最高だよ

27479104_1420181531_101large.jpg

PCに翻弄されて・・・

一時的ですがPCの故障に翻弄されてました。 
 
夕方、夕食の前にPCを開いた 
 
先日、今年の護持会費の請求を郵送した、 
 
前会計の帳場さんから引き継いだ仕事でした・・・・ 
 
わざわざ郵便振込用紙に住所名前を印字しているのです。 
 
これが・・・20年前に作った、富士通のオアシスでして・・・いまどき、フロッピーに保存されているのですよ。 
 
多分、これを作った当時はWin95が発売になって・・・・ 
帳場さんは70才・・・PCを自由に使えてカッチョイイ・・・でした。 
 
オアシスはPCを導入する前に使っていたワープロのPC版でした(PCも富士通のオアシスでした) 
 
ワードと互換性がないので、ワードで印刷する場合イチイチ、コピーペーストしなきゃならないのです。しかも・・・その通りにペーストできない・・・文字の配列がずれてします。 
そんなわけで・・・・ずるずるとフロッピーを使っていた・・・ 
しかし、長年の間に亡くなられた方、住所変更などあり、それらを訂正したら・・・・文字の段数が少しずつ・・・ずれてしまって・・・ 
用紙にピッタリと印字されなくなった(タ行とかサ行、マ行もかな・・・) 
 
毎年、来年のために整備しようと思いつつ・・・七年、八年と経過した・・・ 
 
で・・・振込用紙のひな形が無いかと検索して・・・それっぽいのをダウンロードした・・・・ 
つもり・・・・ 
ところが・・・・それは・・・セキュリティのフリーソフトだった・・・ 
 
現在、バスターが入っているのに・・・・別のセキュリティが入ったものだから・・・ 
 
PCがご機嫌斜めになった・・・ 
 
アンインスルしようにも・・・・渦巻きマーク(昔の砂時計)のまま動かなくなる・・・・ 
何度も強制終了のはめに・・・ 
 
しかも・・・・九月に買った・・・・ソニーのバイオ君 
 
リカバリーCDがついてなくて・・・・買ったときに、自分で作らないとならないのですが・・・・面倒で作ってなかったのだ・・・・ 
 
こりゃあダメだと・・・・お手上げ・・・・ 
 
診断モードで修復してみた・・・・が・・・・ 
二時間も画面が変わらない・・・・・ショボン 
 
で・・・これで最後だと強制終了して、再起動したら・・・ 
 
再起動画面か出てこなくて・・・・ 
 
復元画面になった・・・カーソル合わせて・・・Enterほ押してみた・・ 
 
数分後に復元されて・・・・怪しいソフトをダウンロードする前の状態に戻った・・・・ 
 
重かった画面もサクサクに戻った・・・・ 
 
タダより高いものはないのですね。 
英語もろくに読めないのに無謀な事をしてしまった・・・・深く反省 
 
それにしても・・・・ 
 
振替用紙のひな形・・・・サイト内にあることはあるのですが・・・ 
単発入力のばかり・・・ 
 
檀家さんのすべて入力できるのないかな・・・・ 
 
やはり…高額なソフトを買わんとならないのか? 
 
そんな余裕ないので・・・ワードに用紙サイズを入力して、来年までかかって、チマチマと入力しないとならないのか? 
 
口座番号と加入者の印字は簡単なんですが・・・・ 
振込人の住所と名前までとなると・・・・ほんまに手間です。 
よそのお寺はどうされているのかしら? 
 
今年は住所と名前を印字しないで出した所も多々あり・・・ 
高齢の方は、こちらで手書きして差し上げた所もありますが・・・ 
 

手帳

先月から本屋さんや文具店、コンビニにまで来年の手帳が並び始めましたね。

毎年、この時期には手帳ネタを持ち出してます。

一月始まりと四月始まりで悩みます。

お寺の行事などは一月始まりの方が、わたし的には都合がいいのですが・・・

コドモの学校関係とかだと、四月始まりが都合がいいかな・・・

それから月曜日始まりが主流ですが、私は今だ日曜日始まりを使ってます。

あ・・・独身の時は月曜日始まりでした。

それが、寺に住むようになって一年目も月曜日始まりのを使っていて・・・

法事の日程の間違いを何度かしました。

寺のカレンダーに日程を書き込み、それを見て手帳に移したのですが・・・

土日を間違えてしまった・・・のです。

それに法事は土日にするものだと・・・・と、当時は頭の中にインプットされていて・・・

ま・・・実際、土日が多いけど、平日に法事をされる方も少なくはない(寺の人間になって気づいた)

間違いの原因は私の不注意なんですが・・・・

そんなわけで・・・・カレンダーと同じ日曜日始まりだと間違いも無くなる・・・

って事で・・・・この10数年間は日曜日始まりの手帳を使ってます。



今年もほぼ日手帳を注文しました。

一つだけ・・・・難を言えば・・・・手帳の方眼の目が、私には小さすぎる・・・
横線の方がいいなぁ・・・

話を戻します。

去年、雑貨店で購入した本革の手帳カバーを使っていて、味も出ていい具合になっていたのですが・・

チョット・・・サイズが合わなくて手帳がよれちゃって・・・・

それで…今年は純正にしようと・・・・ほぼ日ストアを見て・・・

ヌメ革のカバーにしました。

自分へのクリスマスプレゼントにしす。

あはっ・・・・いつからクリスチャンになったんや・・・わたし。

届くのは来週らしい・・・・楽しみです。

c_l_nume_img_1.jpg

c_l_nume_img_2.jpg

お会式

昨日はうちの寺のお会式でした。
午後からですが、
朝一番に仏壇の魂抜きのお勤め、月忌参りなどあり、夫は午前中は不在。
お会式はいつもの事なんで、いつものパターンで準備をすればいいのですが・・・

今年は住職交代して初めてのお会式なんで・・・
お参りの数が把握できなかった・・・・そのため、お弁当が足りなくなったのです。

出足がいつもより遅かったので、今回はお弁当が大量に余るかな・・・と、心配になり・・・
いつもならしないのに・・・・気心知れている檀家さんに、「お参りにお越し下さい」と、電話も入れた・・・
小雨で出渋っていた方が何人かいらしたのですが、ちょうど雨も止んだので行こうか・・・と、言って下り・・・・良かった♪


ところが・・・ぎりぎりになってどんどんとお参りの方が増えた・・・
12時から食事、13時から説教、14時から法要会なんですが・・・
説教が始まる頃に見えた方は、お弁当を持ち帰ることになっていて・・・
帳場さんが「お弁当三個」「二個持ってきて」と、台所に言ってきます。

あやや・・・・足りない・・・・ってことになり・・・
お弁当は金沢の芝寿しの寿司弁当なんですが・・・

お寺さんのお土産分に別に取り寄せた分を回したりして・・・
それでも足りなくなって・・・・近所の鱒寿司の店に電話して・・・
午後になっていたし日曜日なんで、売り切れの店があり・・・
三件目でやっと確保できた・・・・
娘に取りに行ってもらい・・・・なんとか間に合ったのです。

寺の中、本堂と台所、台所も客殿・・・・小走りでした・・・
どれだけ走ったのか? 今朝は筋肉痛でひどかったです。



DSC00144mini.jpg

DSC00149mini.jpg






説教の様子です。

こちらは法要の時の様子


DSC00155mini_20111114194729.jpg

DSC00158mini.jpg






客殿の片づけをしてから・・・・

家族で焼肉を食べに行きました。


スマフォ

今年の一月にauのスマートフォンsi03に変えたのですが・・・・

価格も六万円ほど・・・

大枚をはたいたのだから、ちゃんと使いこなそうと・・・

二か月くらいで何とかメールも早く打てるようになった・・・

しかし、夏ごろに不調になりauに修理に出して、

本体をそっくり交換してくれたのです。

これでOKかと思ったが・・・

電波の調子が悪くてね。

仕事の事で頻繁に旦那さんから電話がかかってきますが、

『声が聞こえない』『雑音がひどい』『電話が通じない』と、文句言われちゃいます。

で・・・

同じ場所に私のスマフォと旦那の携帯電話を置いてみる・・・

旦那のはアンテナ三本しっかり立っているのに・・・

私のは二本と一本の間くらい・・・

大きな建物に入ると完全にスマフォは電波ゼロになるのだ・・・

携帯電話は大丈夫なのに・・・・

もう一度、修理に出すか?

それとも・・・あきらめて・・・・機種変更しようか?

あ・・・携帯電話って高いのよね~~

昔はタダのかいろいろとあったのに・・・・

型落ちでもなんでもいいから、ちゃんと通じるのがほしい・・・

お会式が終わって落ち着いたらauに行こうかな・・・

とりあえず・・・・今は、以前の電話機にチップを入れ替えて使ってます。

こっちは電波通じるけど・・・・相手の声が小さくて聞こえない(最大にしているのに)・・・

みん寺さん♪

DSC00129.jpg

アマゾンより届き、一晩で読みました。

仙台市にある「みんなの寺」。
リンクしているのでご存知の方が多いと思います。

著者の天野和公さんは、

10年前にご夫婦で真宗の単立寺院を作ってしまったのですよ。

檀家ゼロからスタートして・・・・現在では500件ですって・・
お葬式の数も年に50件・・・

うちの宗派で言えば大寺クラスです。

つい・・・計算が頭をよぎります。だから…既存のお寺はダメなのよ!って
著者に叱られそうです。

著者天野和公さんとはネットで知り合いました。
当時、お寺のHPってとても少なくて・・・私も寺庭婦人のHPを立ち上げて、
あちこちのサイトを覗いて、たどりついたのが「みんなの寺」でした。

掲示板での付き合いが、直接にメールをしたり、年賀状のやりとり、
直接にお話をしたり・・・・何かを送ったり・・・送られたりと・・・

私よりずっーとお若いのですが、とてもしっかりして聡明で可愛い方です。

彼女の四コマ漫画がとてもgooです。

まだ、ご存じない方は リンクしてますが・・・こちらからもどーぞ

みんなの寺・・漫画の方

みんなの寺

で・・・・

この本の感想は・・・

ただ・・・ただ・・・脱帽です。

ご夫婦の純粋な仏教への思いを感じましたね。
色々な活動や試みをされて、0から1、1から2と・・・地道な活動・・・

失敗を恐れぬチャレンジ精神とパワーの中にホッコリした優しさと誠意。

いえ・・・何が一番って事ではなくて・・・すべてがウンウンとうなづきながら読みました。

私にはとても真似ができないけど・・・・ 気持ちは同じだよ♪

あっ・・・

和公ちゃと私の唯一の共通点を見つけました・・・


それは両親に愛され愛され・・・愛されて育ったこと。

お父さんのお話にもらい泣きしました。

共感することがたくさんありました。

檀家さんから護持会費も寄付金も頂かない・・・(共感してますが、頂いてます。というのは単立寺院じゃないので、上納金が大きくて、護持会費を集めないと寺の運営が成り立ちません)

お布施の金額も気持ちだけで、特に設定してない(うちと同じです)

正直な気持ち・・・

もしも・・・もしも・・・「みんなの寺」が富山にあったら・・・

こんな気持ちではいられないかも(爆)

そんな意味では・・・・

本には書かれてないけど、辛いことも多々あったのでは・・と、想像しました。

これからも気になるお寺の一つでもあります。

佐藤ゆかり。



綺麗♪

宜しく


我が家の新家族の「ぶんた」です。

最初はちびたと付けたのですが、我が家の男子は代々「文」がつく名前なんで、ぶんたにしました。

右目を怪我してます。

でも、きっと時間が経てば治ると信じてます。

ちなみに・・・長女の腹の上にいます。キャハハハ

結局

昨日、保護した猫ちゃん・・・

朝、外に出して家族の元に返したものの・・・

相変わらずどんくさくて・・・・目の他に耳も悪いのか?

境内の砂利の上でひなたぼっこしていたけど、車が入ってきても動かないのですわ。

私と夫は注意して入りますが、今日はあやうく黒猫さんに轢かれそうに・・・

やはり危険なんで保護しました。

トイレも一発で覚えて、日中留守していたのですが、

帰宅して確認したら、トイレにウンチもしてました。

おおおっ・・・偉いですよ。

このまま室内飼いにします。

新しい家族

10日前に20年以上も飼っていた猫のももちゃんを亡くしてから・・・
毎日、境内のすみにあるお墓にお参りしているのですが・・・

うちの寺に野良猫ファミリーが七匹ほどいまして・・・
その中で一番小さくて 弱々しいのがとてもドン臭くて簡単に捕まえられるのですよ。他の兄弟は逃げ足速いのに・・・
数日前から右目が見えない様子・・・カラスにでも突かれたのか?怪我をしたのか?目の玉が動いてなくて可哀相だと思っていたけど・・・

もう猫を飼うのはやめようと思っていたのですが・・・

長女が自分で面倒見るから飼いたいと言う・・・

他の兄弟より小さくてドン臭くて、片目しか見えないし、このままでは死んでしまう・・・・と・・・

同じ日に生まれたのは結構と大きくなっているのに、この子は手の平に乗りそうなくらい小さいのです(ちょっと大袈裟かな・・・盆過ぎに生まれたのは確か)

旦那のOKが出たので、長女は間に合わせにトイレを作り、早速家の中に入れた・・。

とても臭かったので・・・

ももちゃんのシャンプーで洗った・・・

タオルに包まって少し抵抗したけど、爪も立てずに安心した様子・・・

一応(?)一時間ほど泣いてたけど・・・長女に抱かれてベットの中で眠ってます。

次女は飼う事に反対でして・・・

次女の言い分は、「兄弟と放して、酷い。可哀相」と・・・

でも・・・「これから寒くなるのに、この子は生きれないかもしれないから保護した」という長女の意見と平行線・・・

さてさて・・・明日の朝には結論を出す事になっている・・・

どうなることか・・・・


多分、飼う事になると思いますが・・・・

最近のコメント

プロフィール

bunmamaco

Author:bunmamaco
在家からお坊さんのお嫁さんになって20年。
まだまだ未熟な寺嫁の奮闘記(*^。^*)

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索